手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

コルクルCORKL手汗対策クリーム口コミ購入レビュー

手汗を止めるコルクル(CORKL)というクリームが、気になって購入しました。

コルクルの販売公式サイトでも「初回販売分が3日で完売!」といううたい文句にもかなり興味をそそられました。

私と同じくらいの手汗レベル(グレード2)で悩む人は、手術をするのは怖いしリスクを考えると、何とかそれ以外の方法で手汗を止めたいと思います。
そうすると、新しい手汗対策アイテムは気になります。

なので、CORKL(コルクル) 手汗対策クリームの口コミをネットで検索してみたのですが、まだ発売して間もない商品なのと、初回販売分が3日で完売だったせいなのか、まだ、市場にあまり出回っていないようで、思うようなクチコミは見つけられませんでした。

他の人の評判はどうなのかわからなかったのですが、思い切って購入してみました。

corkl01

今回は、返金保証がついているお得な定期コースでの申し込みです。

通常価格は1本で4,980円と300円の送料と消費税がかかります。
定期コースなら、2本で5,980円で送料無料なのでかなりお得感があります。
corkl03

なんといっても、この商品は返金保証がいままでのネット通販の商品とは違います。
化粧品などのネット通販で、「返金保証」をうたっていても、返金理由が「肌荒れした場合」など制約があって、返金してもらえないなどのトラブルもあるようです。

ですが、コルクルは「商品に満足できない」という理由でも返金対象です。

返金保証書にもしっかりそのことが書いてあります。
なので、お試しで購入することができます。

corkl05

コルクルは、1本45gです。
私が知っている手汗対策用の制汗剤の中では、容量が多いほうだと思います。

容量が少なくて、値段が高いとどうしてもケチって使ってしまいがちです。
そのため効果が半減してしまうということもありますが、この容量なら、朝と夜以外に、手を洗った後などもしっかりケアできます。

説明書には、1日5~6回の使用で1本約30日分となっています。

そして、安心の日本製です。
パッケージにも「MADE IN JAPAN」って書いてありますね。
corkl06

コルクルの有効成分は、フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5- オール。
医薬部外品です。
corkl07

クリームが出てくるチューブの穴は、小さめです。
なので、クリームが出過ぎてしまうことはないです。
corkl08

クリームとは言うものの、コッテリしたクリームではなく、クリームとジェルの中間といったテクスチャーで伸びが良いです。
corkl09

手汗用制汗クリームなので、早速、手のひらにつけてみました。
つけた瞬間は、メントールが入っているので一瞬、スーッとします。
ですが、刺激があるわけではありません。

つけてすぐは、ジェルタイプのハンドクリームのように手のひらがしっとりします。
でも、すぐにサラっとします。
冬場の乾燥する季節は、手汗が出た後に汗がおさまると今度は、手が乾燥してしまって困っていたのですが、このクリームなら汗だけでなく手の乾燥も防げそうです。

塩化アルミニウム溶液のように、ベタベタ感や乾くまで時間がかかったり、ツッパリ感はないので、外出先や手汗が気になった時に、いつでも使えます。

ただ、この製品の汗を止めるための有効成分「フェノールスルホン酸亜鉛」は使い続けることによって、たんぱく質と結びついて汗をブロックするので、つけてすぐに効果があるというわけではありません。
同封されていた説明書にも、使用後5日目ほどから高い制汗を体感いただくお客様が多くいらしゃいます。まずは1週間ご利用くださいと書いてありました。

なので、つけたその瞬間から汗を止めたいというような即効性を期待するならこの商品はおすすすめできません
ですが、敏感肌や繰り返す手汗で手がボロボロに荒れてしまっている人には、汗を止める成分以外に、手を保護や保湿する成分も入っているので、手の汗を止めながら手荒れをも防ぎたい人には良い商品だと思います。

corkl04

最終的に、効果が感じなくても、注文時から30日以内にサポートセンターに電話連絡して、2週間以内に商品、返金保証書、初回お買い上げ明細書の3点を同封すればOKなので、じっくり試してみようと思います。

手汗対策コルクルの公式サイトを確認
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓