手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

足のニオイの原因は足汗だけじゃない!足のニオイ対策

足の裏は、汗腺が集まっていて、体全体でもわりと汗を多くかく部分です。
足の裏の汗腺は、足の甲の3倍、背中や胸の5~10倍もあるといわれており、1日にコップ約1杯分の汗をかくともいうのが一般的です。

足の裏にかいた汗は、ほうっておくと皮膚常在菌によって分解され、脂肪酸に変わってニオイを発生させます。

ashi01

さらに、足の裏は体のどこの部位よりも角質層が分厚くなっています。
この表皮細胞が新陳代謝や歩くことなどで摩擦が起きてはがれ落ちてたくさんのアカとなるのです。

このアカを養分にして常在菌はどんどん繁殖し、皮脂腺からの分泌物が混ざると、益々ニオイがパワーアップするのです。

しかも、足は普段は、靴や靴下などで一日中おおわれています。
靴や靴下の中で、常に密閉状態にあるので、足の温度は上昇していきます。
すると、かいた汗も蒸発せずに靴や靴下の中にこもって蒸れてしまいます。

これは、常在菌が働くのに最も適した環境です。

また、蒸れることで皮膚の角質層はより一層はがれやすくなり、細菌の栄養素を次々と供給することになるのです。
このように、足はニオイを作り出す循環を発生させやすい場所なのです。

足のニオイのケアでは、足や爪を常に清潔に保つことが基本になってくるのはいうまでもありません。

ただし、ニオイ以外に水虫などの皮膚病などのトラブルをもっている場合は病気の治療が最優先です。
ところが、水虫ではなく、いつも足を清潔にしているにも関わらず、残念なことに足がにおってしまう人もいます。

このような場合は、ストレスからくる精神的発汗の為に足のニオイを強めていると思われます。

例をあげると、自宅でくつろいでいるときには少しもにおわないのに、勤務先にいるとニオイが強くなってしまうというような人は、仕事環境によるストレスで精神的発汗か助長されていると思われます。
また、このような場合は、「自分の足のこオイが周りの人に臭うと思われているかも?」と気にして、そのことがストレスに拍車をかけ発汗を促すという悪循環をもたらしているタイプです。

周囲の人に対する気づかいのできる素晴らしい人だからこそ、ストレスになっててしまうのかもしれません。

足の多汗はワキガ治療のように、完全になおす治療法は、今のところ存在しないそうです。
なので、精神的負担を少なくするような心理的治療が有効なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です