手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

薬の服用による多汗症の治療

多汗症の治療で医療機関を受診した場合、内服薬や漢方薬の服用で治療をする場合もあります。

内服薬によっては、薬の効いている数時間は全身の汗を止めることができるため、どうしても汗を止めておきたい場面のための一時的な使用には大変有効な方法だと思います。
持病のある人は服用できない場合があるので必ず医師の診断を受けて服用することをおすすめします。

kusuri01

全身の汗を止める内服薬 神経遮断薬

汗が出る仕組みとして、交感神経の末端から出る「アセチルコリン」という神経伝達物質が交感神経の末端から出ることよって汗腺が刺激されることにより汗が出ます。
なので、このアセチルコリンの放出を妨げて汗の量を減らす効果がある交感神経遮断薬「プロバンサリン(プロパンテリン)」という薬があります。

この薬は、多汗症治療だけでなく胃潰瘍の薬としても服用されています。

プロバンサインを内服すると、体液の分泌が抑制されるので、口や目に渇きや、便秘などの副作用が起こる場合があります。
また、部分的な汗にだけではなく、必要な温熱性発汗まで止めてしまうので体に熱がこもってしまうことも考えられます。

また、症状によっては、緊張を和らげるための安定剤や抗うつ薬を処方される場合もあります。

東洋医学で多汗症の汗を抑える漢方薬あれこれ

最近では、長期使用しても比較的副作用の少ない漢方薬で多汗症の治療をする人も増えています。
漢方薬は近所の薬局やドラッグストアでも手に入りやすいですが、自分の症状にあった漢方薬を見つけるには専門の漢方医や医師の診断を受けて処方してもらうのが治療の近道です。
また、病院やクリニックで診療し処方してもらえば、健康保険も使えるので長期的に体質改善をする場合には、医師から処方してもらうことをおすすめします。
漢方薬

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)・・・主に、風邪や気管支炎、気管支ぜんそく、自律神経失調症などの改善、更年期障害の改善。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)・・・神経の働きを鎮める作用があり、緊張や不安といった精神的な発汗を抑える

五苓散(ごれいさん)…体内の水分の循環をスムーズにし、無駄な水分を取り除きます。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)・・・体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめ、のぼせ、イライラ、動悸などを抑えます。

桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)・・・体の熱を発散したり、汗を調節して軽症皮膚炎の状態をよくする効果があります。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)・・・色白で水太りタイプの多汗、むくみがある方に。体内の水分バランスを整える。

防風通聖散(ぼうつうつしょうさん)・・・体内の水分バランスを整えて、むくみ、のぼせなどを改善する。特に、肥満を伴う多汗症。

加味逍遥散(かみしょうようさん)・・・ホルモンバランスを整えたり、月経異常を改善する効果。更年期障害よって起こるホットフラッシュの緩和。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です