手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

手汗を止める制汗剤の選び方

ドラッグストアや薬局、スーパーやコンビニでも制汗剤はたくさん販売されています。
また、制汗剤といってもスプレータイプやクリームタイプ、ローションタイプなど様々です。

deodorant

いろいろなタイプの制汗剤はあるのになぜか手汗を抑えるための制汗剤はドラッグストアやコンビニで取り扱っていないんですよね。
ほとんどが、脇汗や体用のものばかりです。

手汗で悩む人は一般的ではないんでしょうね。

制汗剤であれば、汗を止める仕組みは同じではないかと、市販の脇汗用のものを試してみたのですが手汗ではあまり効果ありませんでした。
なので、手の汗を止めるためには、どのような制汗剤を使えばよいのか調べてみました。
制汗剤の選び方や手汗を効果的に止めるために制汗剤の選び方をまとめてみました。

手汗を抑える制汗剤の選び方

制汗剤は汗を抑えるためのものです。
なので、どの製品にも汗を抑えるための「制汗成分」が入っています。
それ以外に、汗臭さを防ぐため、臭いの原因となる菌の繁殖を防ぐ「抗菌」や「殺菌」成分が含まれています。

いろいろな制汗剤の有効成分をみてみると下記のような成分が入っています。

【制汗剤に入っている有効成分】

  • 塩化アルミニウム
    市販の制汗剤の主成分としても使われており、汗腺に炎症を起こして閉塞させて発汗を抑制する作用があります。
    日本皮膚科学会が発表している『原発性局所多汗症診療ガイドライン』でも手掌多汗症の治療に使うことが推奨されています。
  • クロルヒドロキシアルミニウム(ACH)
    ポリ塩化アルミニウムとも言われます。
    汗の出口をふさぐことによって臭いを汗ごとブロックします。
    塩化アルミニウムに比べて肌に負担をかけにくいということで多くの制汗剤に使用されています。
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛
    上記のクロルヒドロキシアルミニウムと同じように汗を抑えるものは収れん剤として制汗剤に使われる成分です。
    汗の中に含まれるタンパク質と凝固物をつくって汗腺の出口を塞いで蓋をすることで汗を抑えます。
  • ミョバン
    ミョウバンは、菌の繁殖を抑制し、汗が出るのを押さえるという、2つの働きがあります。
    ローマ時代から制汗剤として使用されてきたという古くから有名な成分です。
    また、ミョウバンは食品添加物などでも使用されているため、安全性が高いことが特徴です。

手汗を抑えるなら制汗成分の強い塩化アルミニウム配合製品がおすすめ

ひどい手汗を抑えたいのであれば、「塩化アルミニウム」が配合されたものがおすすめです。
塩化アルミニウム水溶液は病院でも手掌多汗症の治療に使うことにすすめられています。

塩化アルミニウムには汗腺を塞いで汗を抑えるといった強い制汗作用があります。
皮膚科や多汗症治療専門外来などで多汗症の治療薬としても使われている成分です。

ただし、肌への負担も大きいので、濃度が高い水溶液は、皮膚が分厚い手のひらや足の裏には大丈夫でも、皮膚の薄いワキの下などに使うと、かぶれや肌荒れ、かゆみを起こすことがあります。

このため、市販されいているワキ用の制汗剤などにはあまり配合されていないようです。
なので、手汗をしっかり抑えるための制汗剤を選ぶときは、塩化アルミニウムが配合されているものを選ぶとよいでしょう。

手汗を止めるに制汗剤に抗菌・殺菌成分はいらない?!

わきや足の裏の汗では汗と一緒に臭いもきになります。
ですが、手汗で「手がくさくて困る」という話は聞きませんよね。

なので、手汗の場合は汗臭さが気にならないことを考えると、抗菌・殺菌作用はあまり必要性がないと思います。
強い殺菌成分や抗菌成分は、長期間使い続けることで、色素沈着や、かぶれ、肌荒れなどを起こすことが考えられます。

普通、手の皮膚や足の裏の皮膚は、他の部分に比べて厚いですが、手汗がひどい人ほど、常に手が濡れていることで手の皮膚がふやけた状態で弱くなっています。
なので、外部からの刺激はできるだけ避けたいものです。
なので、手汗用の制汗剤を選ぶ時には、抗菌・殺菌成分が複数入っている制汗剤は避けたほうが良いと思います。