手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

手掌多汗症の手術 胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS手術)とは

現在、手汗(手掌多汗症)の手術というと「胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS手術)」が主流です。
困った手汗を止められるのなら手術を受けたいと思う人も多いでしょう。
ですが、この手術は手の汗を止める効果は期待できますが、手術をすることによっての副作用もあります。
その手術の内容と効果、リスクをご説明します。

ope03

手術できる部位 手、顔や首筋、胸の上の方
持続期間 生涯持続
傷跡 脇の部分から3~5mmの穴を2か所あけ胸腔鏡を用いて手術切開するので目立たない
手術時間 両手合わせて10分
痛み 全身麻酔で手術を行うため痛みはなし。術後、胸や背中の痛みが2週間ほど続く場合もあり
ダウンタイム 術後1週間は激しい運動や喫煙は避ける。
入院 日帰り手術が可能
通院 1回
入浴 クリニックによるが、手術翌日よりシャワー、翌々日より入浴が可能
費用 保険適応で3割負担の場合、10万円くらいで手術が可能