手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

保険適用も!ワキ汗 ニオイを完全に治すなら直視下摘除法・剪除法手術

深刻な脇汗とワキガで悩んでいるならば、クリニックでの脇の手術、直視下摘除法(ちょくしかてきじょほう)または、剪除法(せんじょほう)と言われる手術があります。

この手術は、昔からワキガ治療で行われていて、わき毛の生えている部分一帯の皮膚を汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)・皮脂腺、わき毛ごと取り除く手術法です。

脇の下の皮膚を3~4センチ切開し、医師が目視で皮下組織内のアポクリン汗腺を確認して除去していきます。

手術する医師が、直接、汗腺を肉眼で確認して除去するので、他の方法に比べて再発率が低いことがポイントです。

その分、執刀医の技術力や経験によって差が出る手術のため、クリニックを選ぶ時には十分な情報収集が必要です。

直視下摘除法・剪除法の概要

手術できる部位 脇の下
持続期間 半永久的。成長期に再度汗腺が発達することもありその際は再発することもある
傷跡 基本的に脇のしわにそって4~5cm切開するので目立たない
手術時間 60分~90分
痛み 手術中は局所麻酔を行うため痛みはなし。術後、2~3日は痛みがある
ダウンタイム 抜糸が終わるまでの1~2週間は激しい運動は避ける。内出血や腫れが起こることもある
入院 不要。日帰り
通院 約2~3回(手術と抜糸のための通院)
入浴 クリニックによるが、脇の下を濡らさなければシャワーは可能。入浴は1~2週間後の抜糸後
費用 50,000円~350,000円 医師が腋臭症(ワキガ)と診断した場合は、健康保険適用で40,000円くらいで手術が可能

 

保険適用の剪除法(せんじょほう)でワキガ手術