手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

サラサラ汗とベタベタ汗 汗腺は二種類 エクリン腺とアポクリン腺

汗は、私たちの皮膚の表面にたくさんある汗腺から出てきます。
汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

さらに、この2つの汗腺は分布する部位によって汗の質、ニオイなどに大きな違いがあります。
ase04

サラサラのエクリン腺から出る汗

エクリン腺は、体全体あらゆるところに分布していて、1平方センチメートルに100個以上も存在している、肉眼では見えない小さな汗腺です。
エクリン腺から出る汗の成分は99%以上が水分です。

なのでサラッとしていて、ほとんどニオイがありません。
汗の成分の1%以下に塩分や尿素、アンモニアなどが含まれています。

また、エクリン腺から出た汗は、直後は皮膚が酸性に傾いています。
酸性になっていると、皮膚の常在菌は繁殖しにくいため、ニオイ発生を抑える要因になります。

アポクリン腺からでる汗

一方、アポクリン腺は、脇の下やおへその周り、耳の外耳道、乳首の乳輪や性器、肛門の周りなど、体の一定の部分にだけ分布しています。

毛穴と出口を共にしているエクリン腺と比べてみても大きな汗腺です。

成長にともなって大きさが変化するのも、アポクリン腺の特徴です。
性別に関係なく、男性も女性も、第二次性徴期を迎えるころに大きくなり、老年になると小さくなります。

思春期になると、イクラの粒くらいの大きさがあって、その部分から、タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸、色素リポフステン、鉄分などを含んだ、少々粘り気のある汗が出てきます。

アポクリン腺からの汗は、このようにいろいろな成分を含んでいますが、塩分をはほぼ含まれていないので、皮膚の常在菌が繁殖しやすく、その菌が発生する発酵臭が独特のニオイのワキガ臭となります。

汗のにおいの原因は皮脂?!

エクリン腺とアポクリン腺以外にもうひとつ、全身の皮膚に分布している腺組織があります。
それは、お肌を柔軟にた保つための保湿の働きをしている皮脂腺です。

皮脂腺からは汗は出ませんが、ここから分泌物の油脂成分が出て、エクリン汗やアポクリン汗と混ざることでニオイが非常にきつくなります。

皮脂腺は、動物性脂肪を多く摂取すると、皮脂の分泌の働きが活発になります。

とくに、ワキガ体質の人が動物性脂肪を摂取しすぎると、皮脂腺からの皮脂の分泌量が増え、それがアポクリン腺とエクリン腺から発生する、ニオイをさらに強くしてしまいます。

体臭やワキガ臭を心配している人は、動物性脂肪の過剰に摂取することに注意しましよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です