手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

多汗症は生まれつき?汗のでる汗腺の数は3歳までに決まる!

ワキガでないかと悩んでいる人の中で、エクリン腺による汗が多いことによる汗臭さが原因なのに、自分はワキガではないかと思い込んでる人が結構多いようです。
多汗による汗のニオイとワキガ臭とは明らかに異なります。

wakiase02
この違いに深く関係しているのが汗が出る汗腺の場所「エクリン腺」と「アポクリン腺」なのです。

エクリン腺の持つ3つの働きの汗

まず、エクリン腺ですが、ここから出る汗は、発汗の仕方によって次の3つに分類されます。

1つ目は、温熱性発汗です。

これらは、運動をしたときや気温が高く暑くなったときなど、体温をコントロールするために身体中から出る汗で、体温を37度前後に維持するための生理的な汗です。

2つめは、精神性発汗です。

主に手のひらや足の裏、わきの下などの特定の部分にかく汗です。

緊張したときや、びっくりしたり、恐怖感を感じたときなどに起こる「冷や汗」も精神性発汗のひとつです。

最近は、このような汗を心配になる人が増加しているようです。

しかし、わずかな緊張にも反応して、手のひらや足の裏に過剰に汗をかくようなときは、「多汗恐怖」「発汗恐怖」が考えられます。

このような時は、精神性発汗とは区別し、心理的な治療法が必要かもしれません。

3つめは、味覚性発汗です。

香辛料のきいた辛いものや熱いものを食べたときに、額や鼻、唇周囲、首などにかく汗です。

この様にエクリン腺からでる汗は、生理的な汗であることが大部分です。

多汗の場合の汗も、たいていはエクリン腺からの汗とも言えます。

エクリン腺の数は3歳までで決まる!?

エクリン腺は全身に広範囲に分布し、汗腺の数は平均350万個、少ない人で200万個、、多い人では500万個あるといわれています。

しかし、全身にあるすべてのエクリン腺から汗が出ているわけではありません。
実際に働いている汗腺を「能動汗腺」と呼びます。

これはエクリン腺全体の半分くらいで、汗の量は能動汗腺の数に左右されます。

能動汗腺の比率は、生後3歳までに暮らした環境で決まると言われています。
暑い地域や国で生まれ育った人は寒い地域や国で育った人より能動汗腺の数が多くなるといわれています。

猛暑の中での体温調節をスムーズに行えるように体が順応しているのしょう。

また、能動汗腺は額や手のひら、足の裏に多く集中しています。

一方、アポクリン腺の量は、遺伝の影響もあり、人種や体質などによって差がでてきます。
アポクリン腺の本来の役割は、体温の調節ではなく、ニオイのある汗を作りだすことだったからです。

そのため、多くの動物は、個体認識や仲間同士の確認、異性を惹きつけるフェロモンのような役割をアポクリン腺がもっているので、腺組織も発達しています。
それに対して、人間は、進化の過程で、体毛の退化しました。

そのことによって、アポクリン腺も徐々に退化してしまいました。

そのため現代人のアポクリン腺は、わきや性器の周辺などの局部にしか存在しないのです。
なので、ワキガ臭はアポクリン腺からのニオイなのです。

体毛の代わりとして、寒さをしのぐためには衣服を着ます。
なので、アポクリン腺が退化したのとは対照的に、暑さをしのぐために体温調節を持ったエクリン腺が新たに進化したと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です