手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

比較的軽い手汗の症状の治療にイオントフォレーシス

手汗や足汗の治療で病院へ行くとまず奨められる治療法としてイオントフォレーシスがあります。

手術の効果よりも副作用が気になるような、比較的、軽度の手汗や足汗、脇汗の多汗症の場合の治療に向いているようです。

これは、手や足の裏、ワキの下などの多汗部位を水道水に20分間くらい浸し、微弱な電流を流すことで患部の汗を抑制させる方法です。
これにより汗の量が減少すると言われていますが、効果は一時的なもので、治療を止めると数週間で元の状態に戻るため、一定間隔で治療を行うことが必要です。

ion01

また、効果がでるまでは週2~3回くらい治療し、3~4週間後に発汗抑制効果が出ます。
汗の抑制効果が出てからは週に1回通院でも効果が持続されるようです。

この治療法は、副作用がない分、即効性はありせん。
また、ETS手術のような代償性発汗は見られませんが、かゆみや湿疹、やけどのような症状が出ることがあるようです。

イオントフォレーシスの治療は、保険適用で治療ができるため1回の治療が安価なので、経済的な負担は少ないですが、継続的な治療が必要なため、通院しやすい場所に治療が行える医療機関を探す必要があります。

今では、家庭用イオントフォレーシス機器が通信販売でも手に入るので、クリニックが遠かったり、仕事などが忙しく通院が困難な場合は、こちらの機器の購入することで自宅でも治療ができます。

家庭用イオントフォレーシス機器で販売さ入れているものは海外製ですが、使用説明書には日本語訳がついています。
また、下記の商品には30日間の返金保証がついているので家庭用イオントフォレーシス機器の購入を検討している人のはおすすめです。

▼▼▼詳しくはこちら▼▼▼
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓