手汗 脇汗 顔汗などの多汗症の汗に関する困った悩みを解消するためのお役立ち情報まとめサイト

あなたの汗は酸性?アルカリ性?良い汗はサラサラしていてすぐに乾く

汗の悩みの中で、切っても切れない汗臭ささや体臭の関係ですが、エクリン腺から出る汗は、次のようなメカニズムで分泌されます。
体温が上がると、血液からミネラル分と水分が汗腺に入っていきます。

けれども、この際、体にとって重要なミネラル分は血液に再吸収され、水分と少々の塩分だけが汗として皮膚から体外に排出されます。

ase05

これが、汗でサラサラしている「良い汗」と言えるのです。

血液への再び吸収される循環機能が上手く働いている良い汗ほど、一層水と似たサラサラの汗になります。
さらに、水と似ているので蒸発がスムーズに行えるため、気化熱による体温調節もスピーディに行われることになるのです。

その一方で、汗腺の機能が鈍くなって、ミネラル分を再吸収せず、水分と一緒に体外に排出されてしまう汗は、べ夕べタしていて蒸発しにくく、体温調節機能が上手に働きません。
汗の臭いで悩む現代の人々がかく汗の大体、この「悪い汗」と言えます。

近年の日本人の食生活も変化し、肉中心の食生活が多くなりがちです。
また、ストレスをためやすい生活環境や人間関係に加え、忙しく運動をする習慣がない人は、日常的に汗をかくことがないので、どうしても悪い汗をかいてしまいがちなことが大きな要因です。

常に、空調が良いいつも快適な温度の室内にいると、汗をかく機会が少なくなり、どうしても汗腺に老廃物や角質が貯まりやすく、汗をかいたときに、これらの不純物も汗と一緒に排出してしまうわけです。

不安や緊張などによって出る「精神性発汗」も突発的かつ多量に汗をかくので、ミネラル分の再吸収が追いつくことができずに、悪い汗になります。

また、良い汗は蒸発しやすく、またわずかな塩分を含んでいるので肌の表面を酸性に保つことができます。
それによって、皮膚常在菌の繁殖を抑えてくれます。

つまり、良い汗をかいている分には、体臭はそれほど強くならないと言えます。
しかし、悪い汗をかくと肌はベタベタします。

汗自体も蒸発しにくく、ミネラル分を含んでいるので、肌の表面をアルカリ性に傾きます。
アルカリ性に傾いていると、皮膚常在菌が繁殖しやすくなり、そのことで汗の臭いが強くなっでしまうのです。

悪い汗の原因は、アルカリ性の汗ということで、自分のかく汗が「良い汗」か「悪い汗」か気になりますよね。

簡単にできる!リトマス試験紙やpH試験紙で汗チェック!

そこで、誰でもできる簡単なチェック法をご紹介します。
使用するのは、理科の実験で使ったことのあるリトマス試験紙です。

この時に使うのは、リトマス試験紙だったら赤色です。
ご自身の汗に赤色のリトマス試験紙をつけてみます。

酸性であれば赤色のリトマス試験紙の色は変わりません。
アルカリ性であれば赤色のリトマス試験紙は青く変わります。

目安としては、青ければミネラル分を含んだアルカリ性の「悪い汗」、色が変化しなければ酸性の「良い汗」ということになります。

リトマス試験紙は、アマゾンなどでも販売していて簡単に手に入ります。
アマゾンではリトマス試験紙以外にもpH試験紙というPh値が色でわかるものも安価で販売しています。

pH試験紙(ロールタイプ) pH1-14

新品価格
¥257から
(2016/6/16 21:30時点)


理科の実験気分で、一度、試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です